水みらい小諸とは

設立概要

「株式会社水みらい小諸」は、小諸市が35%、水ingAMが55%、第一環境が 10% 出資して設立された民間主体の水道事業運営会社です。公共の安心感を確保しつつ、民間ならではの創意工夫やアイデアを活用する先進的な取り組みで、地元の水道事業を支える技術者育成を図りながら「料金収入の減少」「施設の老朽化」など、様々な課題を抱える水道事業の安定経営に貢献して参ります。

志す姿

経営理念

自ら考える人材育成を通して水から地域のみらいを共創する

水道事業や地域の課題解決のために「何が出来るか」を自発的に考えられる人材を育成し、水の安心・安全・安定供給はもとより、地域のよりよい「みらい」を、様々な人々と共に創り出していきます。

事業の実施体制

「水みらい小諸」は、指定管理者として小諸市の水道施設等を管理運営します。また、広域連携の一つの方法として「管理の広域化」を担える組織へと成長することを目指します。さらに、地域活性化に寄与する多様な新規事業展開を検討していきます。